アクセラをこれから買うなら1.5Lディーゼルモデルにしよう!?

マツダの基幹車の一台、アクセラですがガソリン車、ハイブリッド、ディーゼルとグレードが多くあります。

どれにしようかなと考える向きもあると思うのですが、これから買うなら1.5Lディーゼルモデルがオススメですね!

…しかし現状ではディーゼルは2.2Lのみ。ディーゼルモデルが売れている中でアクセラのXDは最も売れていません。

スポンサーリンク

ついに1.5Lディーゼル投入!

DKGIE

アクセラへついに1.5Lディーゼルモデルが投入されます。

しかしこれは日本ではなく、欧州での話。。。

2016年3月のスイスジュネーブショーにて出展されるそうです。

こちらのニュースはもうご覧になった方も多いかもしれませんね。

1.5リットルのSKYACTIV-Dは、アクセラのMTの場合、欧州複合モード燃費26.3km/リットル、CO2排出量99g/kmと、優れた環境性能を実現した。

気になることの一つとしては、「欧州複合モード燃費」ですね。これは日本のJC08燃費とは違った計測方法で算出されています。日本の燃費計測はいわゆる「カタログ燃費」と言われていて6~7割くらいが実燃費だと言われることが多いです。

そういったことで欧州複合モード燃費の方が実燃費に近いと評されることが多いです。ただ、どのように計測しているのか、また例のVWのディーゼル車の問題等もありましたし、完全には信じ切れないものはありますが概ね実燃費に近いと考えて良いでしょう。

25km/L前後の燃費と聞くと、すごく良いじゃないかと思いますよね。実際にはそこまでいかないと思いますが。

取り敢えず、欧州で今後アクセラ(マツダ3)の1.5Lディーゼルを発売するのは確実であるということです。

日本でも発売されることだろう

日本でも発売されるのは確実ではないでしょうか。

現行の2.2LのXDはセダンにも設定されましたが、300万円ですからね~^^;

これは頂けない価格設定です。ハッキリ言って高すぎる。そしてアクセラの車体に2.2L・SKYACTIV-Dが必要なのかというのはかねてから疑問視されていました。

ですから、まだ先のことになるかと思いますが、日本でもアクセラの1.5Lディーゼルが発売されることでしょう。

価格は250万円以下に抑えられるのではないでしょうか?そうなると現行の300万円ディーゼルから考えるとかなり買いやすくなります。

アクセラという車は実用車なので求められての1.5Lディーゼルです。日本でもきっと需要があるはずです。

マツダは丁度良いサイズの車が実はない

マツダ車が日本でも売れているのですが、実は丁度良いサイズ感の車ってアクセラセダンくらいなものです。まあこのCセグメントはトヨタプリウスが制圧してしまって他社は壊滅してしまったのですが…。

デミオやアクセラスポーツはコンパクトカーの領域ですね。CX-3もしかりです。

かと思えば車幅が1840mmのデカイCX-5アテンザという選択肢。

ロードスターついては特別な車で普段使いできるものではありません。更にはミニバンは撤退というニュースが流れていますし、今後はもっと丁度良い5ナンバーサイズくらいの車種も発売して欲しいなと思いますね。

アクセラセダンが唯一、5ナンバーではないのですが、5ナンバーサイズの車という感じがします。このくらいが日本では実に丁度良いサイズです。

【注意】下取りは大損です!

d9g6eあなたは新しい車を買う場合にいつも下取りに出していませんか?

…もしそうならとても損をしている可能性が
下取りの見積もりと車買取査定の価格を比べてから売却しても遅くはありません。

買取査定の方が高く買取をしてくれる場合が多いので利用してみましょう。

オススメNo.1 かんたん車査定ガイド
kantan
AG71
買取査定で使って良かったのはかんたん車査定ガイドです。

必要項目を入力してすぐに買取額の相場が分かりますし、買取額が下取りよりも高くなることが多いのがメリット。入力も簡単ですから1分も必要ありません。

SFE

スポンサーリンク

シェアする

フォローする