アテンザワゴンとレヴォーグで迷うならどちらを買うべきか!?

最近でもツーリングワゴンタイプの乗用車は人気がありますよね。

ツーリングワゴンの人気車と言えば、アテンザワゴンとスバルのレヴォーグでしょう。ちょっとお高いツーリングワゴンで予算的に厳しいという方も多いかもしれません。。

ただ頑張って買うならどちらが良いのかな?と迷いどころは多くありますね。

結論から申しますと、

・燃費性や見た目を重視するならアテンザワゴン

・安全装備重視や気軽に普段使いしたいならレヴォーグ

です。

スポンサーリンク

内外装の質感が高いのはアテンザワゴン

AT5G4E

質感が高いのは言うまでもないかもしれませんが、アテンザワゴンです。

見た目が良い方が好きだという方の場合にはアテンザワゴンでしょう。シュッとしている、都会派なのはどう考えてもアテンザワゴンになります。

レヴォーグも外観を頑張っているとは言え、スバルっぽい走り優先なコンセプトで質感がアテンザに比べると落ちます。余り言いたくないですが、インプレッサスポーツがベースでワゴンにしただけなのがレヴォーグです^^;

好き好きではありますが、見た目重視の方にはアテンザワゴンです。

燃費を比較!アテンザVSレヴォーグ

燃費は客観的に比較できる部分です。

【アテンザワゴン】→公式HP

グレード 駆動 TR 価格 燃費
ガソリン車 2.0L
20S FF 6AT ¥2,764,800 17.4
20S PROACTIVE FF 6AT ¥2,867,400 17.4
25S Lパッケージ FF 6AT ¥3,331,800 16.0
ディーゼル車 2.2L
XD FF 6AT ¥3,175,200 20.0
XD FF 6MT ¥3,229,200 22.4
XD 4WD 6AT ¥3,402,000 18.2
XD 4WD 6MT ¥3,456,000 20.4
XD PROACTIVE FF 6AT ¥3,277,800 20.0
XD PROACTIVE FF 6MT ¥3,331,800 22.4
XD PROACTIVE 4WD 6AT ¥3,504,600 18.2
XD PROACTIVE 4WD 6MT ¥3,558,600 20.4
XD Lパッケージ FF 6AT ¥3,742,200 20.0
XD Lパッケージ FF 6MT ¥3,742,200 22.4
XD Lパッケージ 4WD 6AT ¥3,969,000 18.2
XD Lパッケージ 4WD 6MT ¥3,969,000 20.4

【レヴォーグ】公式HP

グレード 駆動 TR 価格 燃費
1.6GT EyeSight 4WD CVT ¥2,775,600 17.6
1.6GT EyeSight ProudEdition 4WD CVT ¥2,862,000 17.6
1.6GT-S EyeSight 4WD CVT ¥3,056,400 17.6
1.6GT-S EyeSight ProudEdition 4WD CVT ¥2,991,600 17.6
2.0GT EyeSight 4WD CVT ¥3,348,000 13.2
2.0GT-S EyeSight 4WD CVT ¥3,564,000 13.2

レヴォーグの場合は1.6Lモデルですとアテンザワゴンとそんなに変わらない燃費性です。

燃費で考えるべき点はレヴォーグが全車4WDであるということですね。

ですからそこを考慮すると、2.0Lでも特別に燃費が悪いという訳でもありません。

ハッキリ言えばアテンザはあの車体の大きさで上記のような低燃費を実現しているのが凄いところです。全長4.8mの車が燃費20km/L前後というのはまず無いと考えて良いです。

個人的な感想ですが、2.0Lにするならレヴォーグはないかなという印象です。アテンザが良すぎるので、ちょっとレヴォーグは燃費が悪いなと思ってしまいます。

ただ1.6L車であればアテンザにはガソリン車の4WDが有りませんので、ディーゼル車は車体価格が高すぎるという方にはレヴォーグがオススメでしょう。

ただしレヴォーグ自体も270万円台~の車で決して安い買い物ではありません…。

レヴォーグはEyeSight.ver3である

6999dg

さてレヴォーグが優れている点はEyeSightが最新であるという点でしょう。

EyeSightは自動ブレーキが注目されがちですが、その他にもクルーズコントロールなど機能が多岐に渡る安全装備です。スバルのクルコンは自動ブレーキの評価並に高性能です。反応がとにかく早いので安全性が高いと評判なんですね。

マツダも安全装備の面で頑張っていますが、スバルにはまだ勝てないと思います。更にマツダの場合にはLパッケージという最上級グレードを選択しないと安全装備が全て標準装備にならないのがデメリット。

プロアクティブという中間のグレードはオプションで安全装備を完備できるという内容になっています。素のグレードですとアテンザに限らず全ての車種で安全装備を完備することができないという形になっています。

スバルの場合にはEyeSight付きというだけで安全装備が完備されますから非常に分かりやすいですし、価格も抑えられているということがメリットになります。

用途に応じて購入しましょう

最後になりますが、車は用途に応じてというのが一番です。

レヴォーグは多少の悪路や雪道でも対応できると思いますし、スポーティーな走りも魅力的です。ですから長距離をガンガンに走る場合にはレヴォーグの方が安心でしょう。

車体がそれ程大きくないのもメリットで扱いやすい「5ナンバーサイズのレガシィツーリングワゴン」の正統後継車という位置付けです。

アテンザワゴンの場合は長距離や高速運転も当然に対応できますが、どちかと言えばゆったり走る、質感を楽しむタイプです。山道を往復するとかそういった使い方は余り向いていないのかなと思わざるを得ませんね。

【注意】下取りは大損です!

d9g6eあなたは新しい車を買う場合にいつも下取りに出していませんか?

…もしそうならとても損をしている可能性が
下取りの見積もりと車買取査定の価格を比べてから売却しても遅くはありません。

買取査定の方が高く買取をしてくれる場合が多いので利用してみましょう。

オススメNo.1 かんたん車査定ガイド
kantan
AG71
買取査定で使って良かったのはかんたん車査定ガイドです。

必要項目を入力してすぐに買取額の相場が分かりますし、買取額が下取りよりも高くなることが多いのがメリット。入力も簡単ですから1分も必要ありません。

SFE

スポンサーリンク

シェアする

フォローする