2019年モデル新型アクセラのナンバーの位置はどうなるのか?※市販型動画(おまけ)

さて2019年にフルモデルチェンジをするMAZDAアクセラのニュースが小出しに出てきていますね!笑

(ほぼ)市販型の発表は2018年11月30日頃になると言われています。(※ロサンゼルスモーターショーにてお披露目されます)

さてその前に一足早く新型アクセラのナンバーの位置はどうなるんだ?問題を久々に取り上げたいと思います。

【市販型動画おまけ】


ほぼこんな感じでしょう。CGか分かりませんが今まで一番近いように思えました。

っていう見れば見るほどもうコレなんじゃないか?と思ってしまう画像(映像)です。

コンセプトモデルより抑えられた車体の形状、リアの感じも市販型っぽいです。ただしナンバーが下の位置についてるので現行アテンザをはめ込んだ?というマスクにはなっています。

スポンサーリンク

MAZDA3(アクセラ)のスパイショットから見るナンバー位置

新型アクセラのカモフラージュされた姿が撮影されています。

すでに市販型の形は完全に公開されたも同然ですね。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181115-00000004-rps-indより

ご覧ください。こちらは引用画像ですが新型アクセラの市販型です。

ただナンバー位置は赤で私が囲んだんですが今のモデルと一緒ですね…。

フロントグリルのど真ん中にまたナンバーが付いているのが確認されます。

ここは現行型ユーザーも改善して欲しい部分でデフォルトの位置をもっと下につけてくれという話でした。

現行型のデミオもフロントグリルのど真ん中にナンバーがついてるしアレだけは勘弁して欲しいなというところだったのですが。

ということで残念ながら「アクセラのナンバーの位置問題」は新型になっても解決されないようです。ここは無念でなりませんね。

Mazda Kai Conceptと同じなのか?問題

次にコンセプトモデルのMazda Kai Conceptと市販型は同じなのか?ということです。

全く同じというのはあり得ない話ですが、たまにコンセプトモデルと全く違う市販型が発売される場合がありますので油断なりません・笑。

Mazda Kai Concept


こちらがすでに発表されているコンセプトモデルです↑

参考:MAZDA公式、カイコンセプト

新型アクセラ市販型

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181115-00000004-rps-indより

市販型は当然ですがコンセプトモデルより多少大人しくなった印象です。

コンセプトモデルは大胆な張り出し感が強調されていたこと、またお尻の感じがスポーツカーのようなフォルムになっていたことなどの違いがありますね。

またフロントノース部分も幾分か短くなったように見えます。

そしてコンセプトモデルは平たい車体でカッコ良さを出していましたが、流石に市販型は人が乗る車ですから頭上の余裕を作るために平べったさが緩和された形になっているように見えますね。

言ってみれば普通のハッチバックの範疇に収まった感があるもののアンダースカートなど付けるとまた違った印象になるかもしれません。

後はカモフラージュでフロントグリルのメッキが黒く塗られているのか、それともデフォルトでシルバーメッキを黒っぽくなるのかもデザイン性でかなり違ってくるでしょう。フロント部分にシルバー感が強くなると安っぽくなりますのでシルバーメッキをフロントにそのまま使うのは止めて欲しいかなと。。

エンジンは3種類か??

さて買うとしたらエンジンはどうするのかという問題。

今の所は何の発表もありませんが、予想されているのは次の3タイプ。

■SKYACTIV-X(2.0L新ガソリンエンジン)

■SKYACTIV-D(1.8Lクリーンディーゼル)

■SKYACTIV-G(1.5Lガソリンエンジン)or(2.0Lエンジン※CX-3はすでに1.5Lがないので2.0Lも有力です

この3つが候補ですね。新しい燃費が良い夢のエンジンであるSKYACTIV-Xは絶対に2.0Lでアクセラに採用されます。これは発売されるは間違いないです。

その他にはやはりディーゼル車も継続されるのではないかと思います。こちらはCX-3にすでに採用されている新しい1.8Lのディーゼルでしょう。

そして1.5L(2.0L)の普通のガソリン車もあると思いたいですね…。多分あるでしょうが。ここれは未確認ですがどうなるやら。排気量は分からないです。

最後に現行モデルではトヨタのハイブリッドもアクセラに採用されています。こちらはもう販売されることはないでしょう。そもそもSKYACTIV-X・2.0Lがマイルドハイブリッドシステムであるという話です。

2018年は一切、新型車が出なかったMAZDAですが2019年はアクセラで勝負してくる模様。完成度は高い車になるでしょうから期待大ですね。

【注意】下取りは大損です!

d9g6eあなたは新しい車を買う場合にいつも下取りに出していませんか?

…もしそうならとても損をしている可能性が
下取りの見積もりと車買取査定の価格を比べてから売却しても遅くはありません。

買取査定の方が高く買取をしてくれる場合が多いので利用してみましょう。

オススメNo.1 かんたん車査定ガイド
kantan
AG71
買取査定で使って良かったのはかんたん車査定ガイドです。

必要項目を入力してすぐに買取額の相場が分かりますし、買取額が下取りよりも高くなることが多いのがメリット。入力も簡単ですから1分も必要ありません。

SFE

スポンサーリンク

シェアする

フォローする