次期アクセラ スポーツ(魁 CONCEPT)は2019年発売の見込みです

次期アクセラのコンセプトモデルを見ましたか?

次期アクセラとは魁(かい) CONCEPTのことでデザイン性は【行き着くところまで行った】感があります。

発売については何も無ければ2019年予定ということのようです。ですからまだまだ先で1年以上ありますね。待ち遠しいですがアクセラにお乗りの方であればそろそろ買い替えても良いかな~という時期になるかもしれません。

スポンサーリンク

スカイアクティブXと新デザインでFMC

次のアクセラのセールスポイント(売り)は新エンジンの採用と新デザインです。

新しいデザイン性とは前述にもあるように鼓動デザインを更に進化させたもので、「普段乗りするような車のデザインじゃない」くらいまでカッコ良さが際立っていると言って良いでしょう。

尤もこれはコンセプトカーであり、このまま販売されることはないという意見が多いです。現状のコンセプトカーに見られるようにまず窓の大きさはこれでは実用化させるには小さすぎるので、もっと大きくなって一般的なデザインになる可能性は大です。

タイヤも異常に大きなものを履いていますがこちらも16~17インチのものがデフォルトになると言えます。そうなると市販型は「何だこれまでのアクセラとそんなに変わらないのかな?」となってしまう懸念はあります。

コンセプトカーのインパクトが強すぎるので市販車はガッカリというパターンは多いです。

デザイン面ではこのコンセプトカーの良い面をどれだけ残せるのかということにかかっているかもしれません。また一方で余りにも美しいデザイン性のため普段使いの車としては浮いてしまうかもという心配もあるようです。

確かに日本車の中にこのコンセプトカーが突然現れたら、何だこれは?(・。・;となるかも。

ただ、魁 CONCEPTのデザイン性はかなり美しく好評ですのでこのテイストを崩さずに市販型を実現して欲しいという声は多いですので是非反映して欲しいと思います。

フロントマスクは今のところ現行のCX-5と似ている。

スカイアクティブXは燃費2割増し

そして次に大きな変革とはスカイアクティブXのことです。

こちらはガソリン車のことで燃焼方法がこれまでと違っていて燃費が2割くらい良くなるという部分が大きな違いとなります。

ただそれ以外については…体感できるような違いは無いと言われています。すでにスカイアクティブXの試乗会があってこちらで体感したところでは特にガソリン車との違いはないようです。

また価格についてはそれ程高くならないそうですね。こちらはマツダの公式見解ですから、例えばディーゼル車のように20万円高というような価格設定にはならないということです。ここは安心材料かと言えます。

機能美を捨てたデザイン重視

今回のコンセプトモデルもいわゆる機能性を重視した美しさは追求されていないように思えます。例えば今のアクセラってフロント部分が長く、Cセグの割に室内が狭いよね~というように言われることがあります。

確かに何のためにフロント部分がこんなに長いのか?

比較してみても今回もフロントノーズが長い感じはします。全長が4500mm程度しかないのでこれだけ前部分が長いと室内空間が削られるのも仕方なしです。そのせいで後席が狭いということになりがちでしょう。

また後席の天井(ルーフ)が傾斜して低いのでより後ろが辛いということがあります。荷室が小さいというデメリットも生じます。

しかしそれは全て美しさを優先するため、と割り切っているからこそこのデザインになっているということが言えるでしょう。

マツダはもうこの路線で突っ走って行って欲しいメーカーだというのは多くの人達の意見です。それだけに次期アクセラも期待できる1台になりそうです。

【注意】下取りは大損です!

d9g6eあなたは新しい車を買う場合にいつも下取りに出していませんか?

…もしそうならとても損をしている可能性が
下取りの見積もりと車買取査定の価格を比べてから売却しても遅くはありません。

買取査定の方が高く買取をしてくれる場合が多いので利用してみましょう。

オススメNo.1 かんたん車査定ガイド
kantan
AG71
買取査定で使って良かったのはかんたん車査定ガイドです。

必要項目を入力してすぐに買取額の相場が分かりますし、買取額が下取りよりも高くなることが多いのがメリット。入力も簡単ですから1分も必要ありません。

SFE

スポンサーリンク

シェアする

フォローする