次世代エンジン・スカイアクティブXはどの車種から導入されるのか?※2019年より導入

マツダがついに次世代エンジンであるスカイアクティブXの導入時期を明言しました。

それは2019年からで再来年のことですね。

圧縮着火のガソリンエンジンで今より最大で20~30%程度改善されるようです。

このエンジンに更にハイブリッドを合わせる計画もあるようで飛躍的に燃費が伸びるかも!?ということで夢のエンジンがもうすぐです。

スポンサーリンク

どの車種から導入される?スカイアクティブX

マツダ公式はこちらより

もうすぐ導入されることになるのですが、どの車種からなのでしょうかね?

当初の予想ではスカイアクティブver.2がアテンザのフルモデルチェンジから導入されるという話がありました。アテンザはマツダのフラグシップモデルですから新しいエンジンはアテンザからというのは自然な話。

そのスカイアクティブver.2は燃費性が高く、もしかしてガソリンエンジンは圧縮着火式なのでは?という見方もあったのです。

ただアテンザは当初の予想では2018年、つまり来年にフルモデルチェンジすると言われています。ですから来年にフルモデルチェンジとなると新しいエンジンは間に合いませんのでアテンザはエンジン以外のフルモデルチェンジになりそう。つまりCX-5と同様の形になる恐れが。。。

アテンザのフルモデルチェンジは2019年説

アテンザのフルモデルチェンジを2019年にするとスカイアクティブXが最初に導入される車種がアテンザとなってすんなり行くと思います。

・CX-5

2012.2に初代CX-5が発売、2017.2にフルモデルチェンジ。

・アテンザ

2012.10に3代目アテンザ(現行車)にフルモデルチェンジ。次は2018年?

・アクセラ

2013年11月に3代目アクセラ発売。次は2019年?

…という形で2019年にフルモデルチェンジするのはこのままですとアクセラかなという予想もあります。アクセラはマツダでは台数的に売れている車種ですからここから導入しても変ではないですよね。

ただアテンザのフルモデルチェンジが2019年まで伸びてお披露目となるのが1番しっくり来ますね。

既存車種も順次スカイアクティブXに

そして2019年以降からは順次、他の車種もスカイアクティブXになるでしょう。

CX-5も後期型からは外観も多少変わるでしょうが、エンジンもスカイアクティブXになるでしょうから何だかワクワクしますよね。今のCX-5も悪くないのですがエンジンがずっと同じでガソリン車は2.5Lで燃費が今一つです。

2.0L車もありますがこちらもどうかなっていう。小さいCX-3と同じエンジンとかちょっとあり得ないと言えばそうかもしれません。

いずれにせよエンジンの排気量も一つだけってことはないでしょうから新しいエンジンは楽しみですね。

ロータリーエンジンの復活もあるそうですし何だかマツダは超忙しそうです(笑)。

【注意】下取りは大損です!

d9g6eあなたは新しい車を買う場合にいつも下取りに出していませんか?

…もしそうならとても損をしている可能性が
下取りの見積もりと車買取査定の価格を比べてから売却しても遅くはありません。

買取査定の方が高く買取をしてくれる場合が多いので利用してみましょう。

オススメNo.1 かんたん車査定ガイド
kantan
AG71
買取査定で使って良かったのはかんたん車査定ガイドです。

必要項目を入力してすぐに買取額の相場が分かりますし、買取額が下取りよりも高くなることが多いのがメリット。入力も簡単ですから1分も必要ありません。

SFE

スポンサーリンク

シェアする

フォローする