CX-3はなぜヴェゼルより売れないのか?販売台数では倍以上違う!

2015年去年の話ですが、販売台数で見るとヴェゼルはCX-3よりも倍以上売れました。

2015年と言えば消費増税の影響から自動車の販売台数が減ったという時期になります。

ヴェゼルについても2014年は9万台程度だったのに、2015年は7万台に減りました。軽自動車ばかりが減ったと言われた2015年ですが、そんなことはないですよね(怒

スポンサーリンク

CX-3はどれだけ売れた?

CVE3

CX-3は2015年2月に発売されましたので、一年間となると2015年1月が抜けてしまいます。

1年間で比べたいので2015年1月は0台ですが、2016年1月販売台数を代わりに使って総台数を見ていきたいと思います。

結果:CX-3は2015年の一年間で30,429台売れています。

CX-3・・・30,429台
※2015年2月~2016年1月

ヴェゼル・・・71,021台
※2015年1月~2015年12月

日本自動車販売協会連合会より

つまりダブルスコア以上の差がありますね。

価格のせいでヴェゼルが売れている?

これは無きにしもあらずです。

何故ならヴェゼルにはガソリン車設定があり193~228万円で購入可能だったからです。
※ヴェゼルの2015.12マイチェン前の価格です。

一方、CX-3はディーゼル車のみで販売している(挑戦的な)車種で237万~302万円です。

ですからガソリン車を買う層の方にはCX-3は売れないでしょう。何と言ってもガソリン車の最高グレードの4WDだったとしてもまだCX-3の方が高いのですから。

ただ実際売れているのはヴェゼルハイブリッド

何が言いたいのかというと、ヴェゼルで売れているのはほとんどヴェゼルハイブリッドの方だそうです。それならCX-3と価格はそんなに変わらないですし、CX-3も候補に入れて良いなということです。もちろんその逆も有りですよ。

CX-3237万~302万円

ヴェゼル227万~288万円

よくある数字のようですが、ヴェゼルの販売比率は発売当初は

ハイブリッド:ガソリン=82%:18%でした。

→2015年は?→65%:35%ということのようです。

直近ではわかりかねますが、これに近い数字なのかもしれません。

もしも65%なら46,163台がハイブリッド車の販売台数です。まあこの数字は余りにもアバウトなものですが、それでもCX-3より台数が多いですね。

価格差は最も安いグレードでCX-3が10万円高ということですが、ヴェゼルの廉価版グレードは装備が寂しすぎますからほぼXというグレードで250万円程度の車が最も売れ筋でしょう。

そうなるとCX-3のXDの方が安い!

実はCX-3の方がヴェゼルハイブリッドよりも安くなるというケースが出てくるんですね。

燃費はヴェゼルの方が優位だが数値的な差は少ない

CX-3・・・23km/L(FF車)、21km/L(4WD車)

ヴェゼルハイブリッドX・・・26km/L(FF車)、23.2km/L(4WD車)

JC08燃費では上記の通りです。ただハイブリッドの場合はJC08燃費がちょっと盛り気味なので…思ったよりも実燃費の差は無いと個人的に思います。これは別にCX-3推しだからということではなく普通の感覚かなって思います(汗)

そういうことで燃費性は大差ない、しかも質感が上ならCX-3の方が良いやって自分は素直に思いますね。

ただし価格的に安く済ませたい場合(総額で200万円ちょっと)ならヴェゼルのガソリン車になります。その価格帯で考えるならヴェゼルも悪く無いと思いますね。ただ250万円の車という感じになるとヴェゼルでは勿体無いかなという感覚はありますね。

【注意】下取りは大損です!

d9g6eあなたは新しい車を買う場合にいつも下取りに出していませんか?

…もしそうならとても損をしている可能性が
下取りの見積もりと車買取査定の価格を比べてから売却しても遅くはありません。

買取査定の方が高く買取をしてくれる場合が多いので利用してみましょう。

オススメNo.1 かんたん車査定ガイド
kantan
AG71
買取査定で使って良かったのはかんたん車査定ガイドです。

必要項目を入力してすぐに買取額の相場が分かりますし、買取額が下取りよりも高くなることが多いのがメリット。入力も簡単ですから1分も必要ありません。

SFE

スポンサーリンク

シェアする

フォローする