マツダ地獄って今もあるの?※マツダ地獄とは何か?

マツダ地獄という言葉を聞いたことがある方もいらっしゃるでしょう。

まずマツダ地獄とは何か?

これはマツダ車の下取り額が低いのでマツダ車から一生抜けられないということを指します。

マツダ車から他メーカーに乗り換えようとしても他メーカーでは『マツダ車を下取りしてくれない(0円査定)またはとても低い査定になる』という意味です。

マツダで買ったらマツダでしかマトモな下取り額が付かないのでマツダから抜けられないという悲しい状態を指しますね。

スポンサーリンク

今もマツダ地獄は存在しているのか?

V35

まず現在のマツダ車ではいわゆるマツダ地獄というものは無いと言って良いでしょう。

理由としては今はマツダディーラーでは車の安売りをしていないからです。

日本のディーラーでは新車の値引きという慣習があります。これはどこのメーカーでも値引きありきの商談になります。※レクサスを除く

よっぽどの人気車でない限りは値引きをして販売促進をするということが普通のことになっています。

マツダはつい最近まで大幅値引きを売りにして新車を売っていたのは事実です。そうしないとトヨタや日産といった大メーカーには勝てなかったからです。お客さんはどうしてもトヨタ車や日産車に行ってしまう。

マツダは余り人気が無かったので値引きせざるを得ないという状況でした。

現在は一変しているマツダの売り方

しかし最近のマツダは人気車が多く、マツダ自体で販売店側に「安売りをするな」ということを言っているようです。

ただ買う側としては値引きをして欲しいですよね?

しかし、これは何もマツダがもっと儲けたいとか意地悪をしている訳ではないんです。

なぜ値引きを余りしなくなったのかと言えば、マツダ車を買った人の利益を守るためです。

新車の安売りばかりをしている車ですとあっという間に中古車価格が下落していきます。

つまりマツダ地獄の元です。

これはマツダ車に限ったことではなく、不人気車は新車で買った瞬間に大幅に値が落ちていきます。ナンバーを付けたらオシマイってやつです。不人気なので値引きをしないと売れないということもあり負のスパイラルですね。

しかし、最近のマツダ車は先程も言いましたが人気車が多いです。中古価格を見るとCX-5、CX-3などは高値を維持しています。特にクリーンディーゼル車は中古なのに何でこんなに高いの?なんて思うこともしばしばですね。

こういう状態が「買った人(ユーザー)の利益を守る」ということなんです。

古い車種はマツダ地獄はある?

ただし過去の古い車種に関しては下取りが厳しい車種はあります。

しかしこういうことはマツダに限ったことではありません。

どんなメーカーの車種でも不人気車は下取り額というものは厳しいのが現実です。

そもそも「下取り」というものが自体が安いので「買取査定」を使った方が売るには有利です。

人気車においても下取り額が良かったら、買取店の買取査定なら更に高く売れますのでしっかりと下取り額と買取査定額を比較して愛車を売った方が良いです。

【注意】下取りは大損です!

d9g6eあなたは新しい車を買う場合にいつも下取りに出していませんか?

…もしそうならとても損をしている可能性が
下取りの見積もりと車買取査定の価格を比べてから売却しても遅くはありません。

買取査定の方が高く買取をしてくれる場合が多いので利用してみましょう。

オススメNo.1 かんたん車査定ガイド
kantan
AG71
買取査定で使って良かったのはかんたん車査定ガイドです。

必要項目を入力してすぐに買取額の相場が分かりますし、買取額が下取りよりも高くなることが多いのがメリット。入力も簡単ですから1分も必要ありません。

SFE

スポンサーリンク

シェアする

フォローする